2017年05月28日

05月27日のつぶやきまとめ




posted by 東 つよし at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何を持って「質の高い」といわれているのでしょうか。事業所の取り組みですか?もしくは保育士の質?事業所の方針?
おそらく県が実施した待機児童対策に対しての考え方,そして実現のことを指しているのかと思いますが。
実際に一時預かりの現場を見られた訳ではありませんよね?
少し誤解を生むような記述内容で気になりました。ツイッターにコメントさせて頂こうかと思いましたが,肯定的な内容ではないので,こちらにコメントさせて頂きました。
事業所の質としては,正直利用したくありません。1〜2歳児の発達の知識を持っておられるのでしょうか、、、
東さんのような方の発言は,市民に大きな影響を与えます。ましてや保育園に入れない方が多い中で、、、
言い方次第では,そこの事業所の質が高いと言っているように聞こえてしまいます。
一般の保育園とは取り組みなど比べ物になりません。むしろ取り組みなどは一切ありませんので。誤解を生んで期待して利用する方がいると,少し気の毒に感じましたので,ここでコメントさせて頂きました。
お忙しい中長文で失礼いたしました。
Posted by 一時預かり利用者 at 2017年10月14日 00:01
コメントありがとうございます。
記事は、岡山市が行っている妹尾幼稚園と今幼稚園の一時預かりについての評価です。ご指摘の県の実施した待機児童対策とは別物です。
見に行った現場では、子どもの数に対して保育士の数が非常に多く、目が行き届きやすいと保育士さんから聞きました。
市内(県内もだと思いますが)の事業所の行っている一時預かりの質には問題があるというご指摘はその通りだと考えます。だからこそ、一部の一時預かりにばかり保育士の多い政策はいびつだと記事に書かせていただきました。
認可保育園を増やし、誰もが安心して子どもを預けられる岡山市にするべくがんばります。
Posted by 東つよし at 2018年04月01日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック