2012年11月09日

改革に値する?質問時間短縮

市議会での一問一答による個人質問の時間が20分に減らされます。
会派ごとの代表質問がない議会では、個人質問の一問一答や一括質問という形式を問わず時間は30分でした。それなのに議会運営委員会で現在試行中の一問一答形式に限って質問時間を20分に減らす案が出され、市民ネットと日本共産党岡山市議団以外の賛成で決まってしまいました。
 理由は「時間が長いと要らんことを言う質問がでる」「質問準備には当局の時間がとられる。短縮はコスト削減になる」「前回の一問一答で早口で聞き取りにくい質問があった」などですが、およそ結論が質問時間削減になりえないものではないでしょうか。
 岡山市で議会費という議会にかかるいっさいがっさいの費用は市全体の0.4%です。この0.4%が、市当局のやっていることをチェックし、市民の声を届けるわけですし、場合によってははるかに巨額のムダを見つけストップさせることができます。質問時間の短縮は議会の自らの役割の否定になっても改革にはあたらないと考えます。
 「質問時間が減れば単位時間当たりの議員報酬額が増える」という見方をすると、時間短縮=高コスト化という考え方ができるかもしれません。



ブログランキングに反映されます。1日1クリックお願いします→にほんブログ村ランキングへ
posted by 東 つよし at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 岡山市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
質問しにくくなるということは、市長が追及されにくくなることで、立法が行政をチェックする機能が減退することであり、議会にとっては自殺行為です。
そもそも三十分では、時間が足りないと思います。

情報公開制度の活用や住民への宣伝の活発化などで補うしかなくなりますね。
Posted by 名無し at 2012年11月10日 23:23
名無しさん コメントありがとうございます。
質問時間が減らされたもとでもできることを考えて、市民のみなさんと世論と運動を広げるためにがんばります。
Posted by 東 つよし at 2012年11月15日 19:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック