2008年12月10日

成果です。非正規切り防止通達

hirosima081210.jpg厚生労働省が非正規労働者の解雇、雇い止めを防止する通達を出しました(→記事
日本共産党は志位委員長が総理と党首会談を行ったり、私も労働局へ申し入れたり宣伝をしてきましたが、働く人との運動が政治を一歩動かしたことになります。
 今各地で労働組合が作られるなど運動が広がっています。大きな希望だと思います。寒空の下働く人を放り出し、年も越せなくさせる事態はなくさないといけません。私も運動を広げるべくがんばります。

 10日は中国ブロックでの比例代表予定候補者の会議でした。広島に行ってきました。改めて候補者のそろいぶみ写真も撮りました。写真は街路樹がきれいに色づいていたので撮ったものです。中国地方のどこでも派遣切りがされていること、それに対するたたかいが強まっていることが参加者それぞれから語られました。5日の中国ブロックいっせい宣伝は大きなインパクトがあったこともよく分かりました。来年は選挙が必至の年です。励ましあって勝利をつかみます。



ブログランキングに反映されます。1日1クリックお願いします→にほんブログ村ランキングへ
posted by 東 つよし at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
社会的責任を果たさないトヨタやキャノンなどの大企業の乱暴を易々と許すべきではありません。
国や自治体に尻拭いを押し付けるのを抑制するのに、黒字なのに解雇する会社から補償を取るべきです。
Posted by 名無し at 2008年12月12日 19:42
名無しさん コメントありがとうございます
そうですね。今は「整理解雇の四要件」というものがあります。破る企業には、厳しく指導することがまず必要だと思います。
Posted by 東 つよし at 2008年12月23日 12:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック